About

Kumangmang ってなに?

主宰の金澤博が世界で出会ったお気に入りのモノ達、手仕事の素材にこだわったオリジナル製品などを紹介する団体です。また、それらを展示販売するPasar Kumangmang (パサールクマンマン)も、関東を中心に不定期にて開催しています。
展示会は、2012年に雑司ヶ谷からスタートしました。現在は意識を同じくする仲間たちと一緒に、年に数回行っています。
こちらのサイトでは、展示販売会のお知らせを中心に、Kumangmangの基本情報、商品情報などを掲載いたします。また将来的には、各商品やそのこだわりも、しっかりお届けしたいと思っています。
さらに、バリの天然染料の工場や、銀細工の工場で、素材や製品ができる過程、現場の作業など、他では見られない独自の情報も掲載していく予定です。

名前の由来

Pasar はインドネシア語で市場を意味します。
Kumangmangはバリ語で顔のない妖精という意味があります。 バリ島で出会ったモノ達は、素晴らしいモノであればあるほど、作った職人の顔は表に出て来ることはなく、仕事に見合った評価はされていません。
顔の見える仕事がしたい!
そんな思いから、この名前を選びました。

Menu